契約書の作成・変更は、
神戸三田契約書作成サポートオフィス
(行政書士 三入法務事務所)にお任せください。

契約書は、取引をする当事者双方の約束事を紙面または電磁的に記録するものです。

契約社会といわれる欧米では当たり前の様に行われていますが、日本ではまだその重要性は十分に認識されておらず、個人のお金の貸し借りのみならず商取引についても、相手を信用して口約束で済ませる、ということが多いようです。

たしかに日本の法律上は、保証契約等の一部の契約を除き、当事者の合意があれば、それが口約束であったとしても契約は成立し、契約書の作成が必ず必要というわけではありません。

しかし、契約書を作成していない場合、約束した代金を支払ってもらえなかったり、違う商品が納品されたりしたときに、契約の成立や内容を証明することが難しいため、泣き寝入りせざるを得ないケースもあります。

こうしたトラブルを解決するためには、契約書を作成して当事者双方が契約によって取得する権利、負担する義務を正確に記録しておくのが必須といえます。

また、契約書を作成することによって、当事者双方がお互いの権利・義務を正しく認識できるため、そもそもトラブルが生じなくなるという予防効果もあります。

いざというときに契約書があるかないかは、以降の対応や関係に大きな影響を与えます。

取引先との良好な関係を維持するためにも、また会社のコンプライアンスの観点からも、可能な限り契約書を作成するよう心掛けましょう。


ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

☎078-959-5750 担当:三入(さんにゅう)



このページの先頭へ